集団予防接種の怖さ

特定時期の集団予防接種が原因となってB型肝炎に感染した人を救うためにB型肝炎給付金という制度があるのをご存知でしょうか。国は、生年月日が1941年7月から1988年1月の間に生まれて来た方に対して予防接種やツベルクリンを行ってきたのですが、その際に国際的には否定的な意見の多かった注射針の使いまわしを行って事によって、B型肝炎に感染した方を増やしてしまいました。そのため、国はその責任をとり、現在、B型肝炎で苦しんでいる方や、現在はB型肝炎の症状が出ていませんが、体内にB型肝炎のウイルスをもっているB型肝炎のキャリアの方に対して国から損害賠償金を渡しているのです。

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染させてしまった事は、当事者だけでなく第三者を巻き込んでしまう結果になりました。特に母子感染など母親が集団予防接種が原因でB型肝炎に感染しまっている状態で子供を産むと、生まれた子供も生まれながらにB型肝炎のウイルスを体内に宿したキャリアとなってしまうのです。しかし、現在でも自分がB型肝炎のキャリアであると自覚している方は少なく、第二、第三の感染者を増やしてしまっています。

このような状況は今後も被害者を増やしてしまう事にも繋がります。そこでこちらのページでは、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染してしまった方への給付金制度など、現在B型肝炎のキャリアでない方にも知っておいて欲しい情報をご紹介させて頂きますので、お時間がある時に、ぜひチェックして集団予防接種が原因のB型肝炎についての理解を深めてください。